やっぱりチャンピックスが必要だった

煙草排除ムード

チャンピックス。こういう禁煙の治療薬があったのですね。いかにチャンピックスへの道のりを歩み、禁煙に成功させたのかちょっとお話ししたいと思います。
 私、四十五歳。失業してしまう訳です。そして再就職。正直言えば給料全然よくはありませんし、 よくないと言っても生活ギリギリ節約すれば出来ないというものでもなかった訳です。そんなギリギリの状態の私って、お酒を飲み、煙草も吸う訳です。そんな滅茶苦茶吸っている訳ではありませんよ。アルコールだって。でも必ずアルコールだって大瓶一本とホッピー二杯程度。必ず嗜む訳です。煙草は五本程度。お酒はちょっと飲みすぎかもしれないですけど、別にどうってことないんじゃないでしょうか。
 お金のこと言えばちょっと厳しいですが、大体、私禁煙する意味すら知らない訳です。アルコールだってです。それが最近の世の中では、禁煙が癌になるとか、アルコールが肝臓疾患になるとか、今まで仲良くしてきた日本の文化とまで言ってもいいようなものが目の敵にされている訳です。日本人は、煙草に感謝するという気持ちを失ってしまったのでしょうか。
 日本たばこ産業株式会社なんて超一流企業かと思っていましたよ。何、この煙草に対しての嫌悪感って。私もいずれ禁煙せにゃならないのでしょうか。何んだろう、この世界に一気に押し寄せてくるような煙草排除運動は・・・。私もその波に呑み込まれてしまうのだろうか。でも、私は言いたい。だったらお酒だって排除運動起こせばいいじゃないと・・・。

 

 

チャンピックスと同様に、最近は新しい様々な治療薬が発売されています。
今最も注目されているのが、睫毛貧毛症治療薬です。
代表的な製品として、グラッシュビスタがありますが、ネットではジェンリック医薬品のケアプロストなども話題です。